×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



NeoDante Heart -Re-
紹介ページ

ここはNeoDanteHeart-Re-紹介のページです
VectorよりVer2.13公開中…
修正パッチを配布中


<NeoDante Heart -Re->とは?
私、江島せとらが製作したコンテストパーク受賞作品である<NeoDante Heart>をリメイクしたものです
<NeoDanteHeart>については ⇒ こちら

ご意見 ご感想 励まし 罵倒 叱責 etc はこちらへお願いします ⇒ 掲示板

管理の適当なつぶやき系ブログです ⇒ ブログ

Vectorにて公開中 ⇒ DLはコチラ

(130309)Ver2.0用バグの修正パッチ14(2.13以降⇒2.14用) ⇒ クリックでダウンロード


スクリーンショット ⇒ 別ページへ

NeoDante Heart-Re-の妖魔達 ⇒ 敵紹介ページへ

NeoDante Heart-Re-各種データのページ ⇒ ネタバレ注意


◆大まかなリメイク内容

・一部ダンジョンの構造変更
更に広く複雑になったダンジョンが幾つかあります。
広いのはどちらかというと不評の方が多かった気がするのですが、すみません!作者の好みです。
ここだけの話、作者もテストプレイで迷うほど…。
2Dダンジョンなのにマッピング推奨…かもしれません(汗

・鎧作成(AMS)の簡略化
以前のような複雑な手順は踏まず、各所で入手する<レシピ>に記された鎧をどの工房でも作成できます。
ただし、鎧の作成には<素材>が必要となり、更にそれぞれ設けられた<条件>を満たさないと作成できない鎧もあります。
レシピ入手 ⇒ 素材を選択 ⇒ 作成する鎧を選択 ⇒ 鎧完成 ⇒ 装備 という流れです。
…フローにすると長いですが、実際はインターフェイスも綺麗に纏めたのでやりやすいと思います。

・改造パーツと宝石魔法
<改造パーツの作成>とは鎧の素材に溜まったMP(マテリアルポイント)を消費して鎧を強化するパーツを作成することです。
作成した改造パーツはどの鎧に変えても自由に装備できます。
<宝石魔法>は宝石に秘められた力(魔法)を鎧に込め、使用することです。
習得には宝石の消費が必要となり、これについては鎧を再び変更すると今まで習得していた宝石魔法は失われます。
また、宝石魔法の習得には元の鎧の素材による制限を受けます(魔法の得意な素材、苦手な素材があります)

・蓄積型SPシステム
技や魔法を使用するのに必要なSP(所謂MP)は<蓄積型SP>となっております。
従来のMAXから消費の<消費型>とは異なり、ターンごとに一定量ずつSPが増えていきます。
このシステムにより、リメイク前であったような<中断攻撃の連発で完封する>といった事は簡単にはできないようになっています。

・評価システムの廃止
戦闘後の評価システムは廃止しました。
基準が曖昧なのと、戦闘に歯ごたえを与えるバランスの実現とのギャップに無理を感じたからです。

・敵部位システムの強化
Reの戦闘では敵の部位を破壊することがかなり重要となります。
敵の部位を破壊すると
1.破壊ボーナスとしてSPが一定量回復する
2.戦闘後の戦利品で良い物が手に入る確率が上がる
3.敵によっては<出血>し毎ターンのダメージを与えられる
などの恩恵を受けることができます。
<本体より耐久力の低い部位を破壊して、後は本体が出血で力尽きるのを待つ>といった作戦が有効な場面もあるかもしれません。

・敵の変更
登場する全ての敵を一新・変更してあります。

・属性のLV
魔法属性となる炎・氷・水・風・雷・地・光・闇の属性にはLV1〜3までのLVが付いています。
<炎には弱いがLV1程度の威力の炎には動じない>といった敵が出てきた場合にはLV2以上の炎の魔法を使用しないと弱点を突けません。
また、この属性LVはこちらが装備する鎧などにも付加されています。
<多少の風にはびくともしないが、強風は防げない>といった鎧などが出現するかもしれません。

・ソウルイーターの形態変化
物語の中で主人公の武器<ソウルイーター><形態変化>の能力を手に入れます。
形態を変えることによって使用できる技が増えたり、能力値に変化が現れたりします。
また、形態変化した武器は戦闘経験によりLVが上がり、更にその特性が強化されます。

・新システムの導入
詳細は伏せますが、新たなシステムを導入しています。
物語とリンクして進化していくシステムを是非お楽しみ下さい。


内容としては大体以上になります。
ストーリーについては大きな変化はありませんが、無理のあった設定を見直し演出を修正してあります。
また仲間との会話システムなど一部に追加エピソードを入れ、シナリオを補完してあります。
中にはリメイク前の作品を知っているとニヤリと出来る部分も?
なにはともあれ、NeoDante Heartというゲームの完成形であることは確かです。

以上
あ、リンクフリーです。一応…